株初心者のすゝめ「株をはじめる前に絶対やるべき、余裕資金の設定」

 

余裕資金を設定せず、大金をそそぎこんで大損した、サラリーマントレーダーのイトチンです。

 

余裕資金...それは、株をはじめようと思ったとき、皆さんが疑問に思う「最低いくらあればいいの?」に対する答えの一つです。

ネット上にある表現をまとめると、「使い道のない、なくなっても実生活や精神衛生上に影響を与えないお金」といった感じです。

その金額設定もバラバラ。1,000円、1万円、10万円、30万円、100万円、といろいろ。

ぼくは、「余裕資金を設定せず」と冒頭でいいましたが、ネット上の表現をまねるならば、「使い道が決まっている、なくなると実生活と精神衛生上に影響を与えるお金」を使い、大損してしまったということです。

具体的には、約200万円を使って、30万円の損失をだしてしまいました。まだ、含み損が何十万円かあります(白目

こんな経験をした株初心者のぼくだからこそ、これから株をはじめようと考えている皆さんに、余裕資金で株をはじめることの大切さ、そして、ぼくなりの余裕資金の設定方法についてお伝えしたいと思います。

是非、参考にしていただき、皆さんには、ぼくと同じような失敗をしないでいただきたいと思います。

それでは、はじめますっ!

 

1.余裕資金とは

まず、「余裕資金」について理解しましょう。ネット上の表現を参考にしながら、ぼくなりの解釈で説明します。

2つの内容に分解できます。「①使い道のない ②なくなっても実生活や精神衛生上に影響を与えない」お金

それぞれ、わけて説明していきます。

 

1-①.「使い道のない」お金

これは「目的のない貯金とおこづかい」だと考えてください。よく分からない将来への不安に備えて貯金しているだけのお金。1,000円くらい余ったおこづかい

皆さんにも、そんなお金ありますよね?そんなお金が①

続いて②

 

1-②.「なくなっても実生活や精神衛生上に影響を与えない」お金

これは、読んで字のごとく、「最悪失っても、ま~いっかで済ませるお金」。また、その金額は、個人の年収や生活環境、お金に対する考え方でかわります

1万円くらいなら最悪なくなっても大丈夫な人。いやいや1,000円でもキツイ人。しょせんカネはカネ、なくなっても問題ない人。人それぞれです。そんなお金が②

 

ここまでで、余裕資金の位置づけ(意味)を、ある程度理解できたと思います。

ではなぜ、余裕資金ではじめる必要があるのでしょうか?

 

2.余裕資金ではじめる理由

その答えは、「人間の欲望に制限をかけ、損するリスクを減らすため」です。

ぼくの失敗をもとに理解していきましょう。そもそも、ぼくが株をはじめたキッカケは、住宅ローンに使う頭金を、少しでも増やそうと思ったことがキッカケでした。

株1ヵ月目は順調なすべりだし。最終損益は+4万円。「おっ!株って簡単にもうかるんだ、楽勝!」とか、へらへらうかれてました。

2ヵ月目以降も、1ヵ月目に利益の5割以上を生みだしていた投機株にどんどんお金を投入、「これでまた、ひともうけ♪」なんてうかれてました。

しかし、株価はみるみる下落、損切のタイミングも逃し、最終的には30万円の損切をするはめになってしまいました。

結果、住宅ローンの頭金が減り、精神的にもかなり消耗しました。

 

ここで、最初の答えにもどりたいと思います。どうすれば、ぼくはこのような損失を、避けることができたのでしょう?

早めの損切?分散投資?いずれも結果論。損をしてはじめて、「あ~しとけばよかった」と後悔する。これは株でよくあること。考えても意味のない、あとの祭り状態。

しかし、ぼくの場合、損失を抑えることはできました。そもそも、30万円という損失自体、本来生みだせなかったこと。

なぜなら、ぼくが手をだしたお金は、余裕資金ではない、住宅ローンの頭金という使途の決まったお金だったからです。

ぼくは、「お金」という欲望を制御できず、本来使うことのできない金額以上のお金を使ってしまい、お金も心も消耗してしまいました。

この失敗から導き出される答え、それこそが、本項目の冒頭でのべた「人間の欲望に制限をかけ、損するリスクを減らすため」なのです。

余裕資金という金額の上限を設定すれば、その範囲でしか株の売買はできず、余裕資金ではない資金が生みだす可能性のある損失を被る(こうむる)こともありませんでした。

それでは最後に、余裕資金の設定方法について説明して、終わりにしたいと思います。

 

3.余裕資金の設定方法

以下の質問に答え、余裕資金の金額を算出してみましょう

5つの質問

① 毎月、いくら貯金してますか?

② 毎月、いくらおこづかいが余りますか? ※だいたいの月平均で大丈夫

③ ①と②を合計してください。

④ ③でだした合計金額を12倍(×)してください。

⑤ 最後に、④の金額を2で割って(÷)ください。

 

ぼくのケースで試しにやってみましょう

イトチンの本当の余裕資金は?200万円じゃなかった?

①3万円 毎月の可能貯金額

②0円  毎月余るおこづかい

③3万円+0円=3万円

④3万円×12(ヵ月)=36万円(年)

⑤36万円÷2=18万円

皆さんは、いくらになりましたでしょうか?ぼくの場合、年間18万円くらいが、お財布的にも心的にも優しいという結果になりました。

最後の⑤で割る数について
これは、皆さんそれぞれの値を設定していただいてかまいません。割らないで④の金額を、そのまま余裕資金としてもいいでしょう。ただ、ぼくの場合、半分の5割で設定しておけば、最悪0になったときに「あ~半分で済んでよかった」と、自分を納得させることができます。本記事の冒頭でもお話しましたが、皆さんのお金に対する考えた方によります。リスクが怖い方は、1~2割程度でもいいでしょう。

今は、1,000円からでも株の売買はできるので、試しに気軽に株にふれてみたいというレベルであれば、1~2割でも十分楽しめると思います。

例えば、月1万円の貯金のみで1年分を計算すると12万円、うち1万2,000円~2万4,000円くらいが年間の余裕資金となります。

以上、余裕資金の設定(算出)方法でした。

 

終わりに

いかがだったでしょうか?

株初心者に大切なことは、お金への欲望に対する制限をかけておくこと。性格にもよりますが、人間は欲望に忠実です。お金があればあるだけ使ってしまいたくなる生き物です。株という、もうけるチャンスが目の前にある限り。

だからこそ、裕資金という欲望のリミッター(制御装置)を設定しておくことが大切なのです。

これから株をはじめられる方は是非、余裕資金を決めて、お財布と心に優しい株ライフをおくってください。

それではっ!

 

Pocket


稼いで、自由に生きる

普通のサラリーマンが『稼いで、自由に生きる』ことを目指した理由


コメントを残す